新幹線で行ける舞子スノーリゾートのスノボツアー

subpage01

新幹線で舞子スノーリゾートへ行けるスノボツアーがあります。パソコンやスマートフォンから簡単にツアーの予約ができるので便利です。
スノボツアー料金は、1泊とリフト1日券付きの場合、17000円から57000円で参加可能です。
宿泊先からスキー場までは徒歩0分のところが多く、遠くても4分ほどでスキー場へ到着することができます。

沖縄旅行パックを詳しく調べるなら便利なサイトです。

舞子スノーリゾートのゲレンデは、舞子と長峰、奥添地の3つのエリアがあります。


舞子エリアは、初級から上級まで、全部で14のコースが用意してあります。
スノーパークが常設されており、お子様向けのキッズパークやソリ専用のコースも設置されています。

スノーパークには、HIKEUPとEASY、MAINという3つのセクションがあります。
スノーパーク内には、ヒップやボックス、レールなどのアイテムが設置されています。


その他、キッカーやウエーブなども楽しむことができます。



上級者向けのチャンピオンコースは、170メートルの短いコースで、平均斜度が30度で最大斜度が32度に達する最難関コースです。
全長180メートルのゴールドコースは中級者向けで、平均斜度が22度、最大斜度は27度です。

パウダースノーを楽しむことができ、斜面にできたコブを滑り降りる練習ができる人気コースです。
長峰エリアには全部で5つのコースがあり、美しい山岳の景色を眺めながらスノボを楽しむことができます。

中級者向けのビュンビュンコースは全長800メートル、平均斜度10度の緩やかなコースです。

コース幅が広く、のんびりと滑り下りることができます。
チョイチョイコースはコース内にトンネルがあります。


全長700メートル、平均斜度が4度の初級者向けコースで、子供たちに大人気です。



奥添地エリアは全8コースあり、圧雪していない区域もあるので、雪が降った後はパウダースノーを爽快に滑り下りることができます。